自分でやる現金化~危険な手段とは~

 

 

クレジットカードにはキャッシングという現金を融資してくれる制度が存在していますが、その枠を使いきった場合でもまだ現金が必要な場合、
クレジットカード所有者が考えるのはカードを使って購入した商品やチケット・金券などを売却して現金化するというものです。

 

この方法は既に業者でも行っているところがあり、どうしても現金が必要でクレジットカードを持っている人は、その業者を使って現金を取得する方法を選択する人もいるでしょう。
しかしこの方法には最大の欠点があり、この方法を続けているといずれはクレジットカードの利用停止という最悪の結果を招く恐れがあります。

 

 

このクレジットカードによる現金化の流れを説明すると、まずカード利用可能な金券やチケット、高額商品を購入します。
その支払いは一括ではなく分割やリボルビング払いにして月々の支払い額を抑え、手に入れた金券・チケット・商品を転売します。

 

金券関係は買取専門の業者に持ち込めばそのまま換金化してくれるので、そこで現金を手に入れることができます。

 

高額商品に関しても業者を介していればその業者がこれも買い取ってくれる業者に依頼して現金化するため、そこで幾分かの手数料を取られた残りがクレジットカード所有者に渡るという仕組みです。

 

業者に頼むメリットとしては自分で換金作業を行わなくて済むので手間がかからないということと、
業者によっては手続きをするだけで実際に買い取りが行われていなくてもどのくらいの金額で買い取ってくれるのか予測して最初に現金を渡してくれる場合もあります。

 

現金が欲しい人というのは早急に手にしたいという人が圧倒的なので、少しでも時間をかけずに現金が手に入れられるとして業者を利用する場合もありますが、
この現金を手にできる期間が短いほど業者の手数料が高くなる傾向があり、実際にクレジットカードで使った金額からすると相当に低い現金しかもらえないというケースも出てきます。

 

 

そのため困るのは支払いを分割にしたり先延ばしにしてもいずれはその総額を支払わなければいけないですし、分割やリボルビング払いにすればその代金についても利息が付いてしまうということでしょう。
そして最大の問題点はクレジットカードには利用限度額というものがあり、その額に達してしまうと新規利用ができなくなり、その額までなってしまうといくら分割やリボルビングにしても一か月あたりの支払金額が大きくなり過ぎて、
支払い不能になってクレジットカードの利用停止に陥ってしまうということです。

 

もし一社でも利用停止になるとその情報が信用保証協会に行ってしまうので、もし別のクレジットカード会社が問い合わせをすればその情報が共有されてしまうので、
複数のクレジットカードを持っていてもどこのものでも使えなくなってしまうという可能性が出てきます。

 

 

これはクレジットカードの現金化を業者が行っている場合であり、それを自分でやると手間はかかりますが中間での手数料が必要なくなるので、手に入れられる金額は多くなります。
ただしそれをするには自分で購入した商品を買い取り業者に持って行って売却しなければいけないという手間がかかり、この売却する時点で一般の人が行うのにはいくつかの問題が発生するでしょう。

 

まず個人がそのような商品を大量だったり短期間に何回も持ち込むと、買い取り業者サイドは盗品の可能性を疑います。
それは当然であり、中古でもない新品を持ちこむのですから、常識からすれば一般の人がそんなに新品を購入と転売を繰り返すはずがないと考えてしまいます。

 

そのためにいずれは買い取りを拒否するケースも出てくるでしょうし、金券などの場合でも同じ対処をされて最悪の場合は警察に通報されることもあり得ます。
この買い取りは業者が出品すれば特におかしいとは感じませんが、一般の人ではその許容範囲というのがあるので、それを超えてしまえば不信感を抱かれても仕方ありません。

 

 

一度でも買い取りを断られると別のところで行えばいいと簡単に考える人もいますが、このような業者が一番恐れているのは盗品を買わされることであり、
もし買い取った商品が盗品と判明されると持ち主に返還しなければいけないので、ただ買い取り金額を相手に取られただけで自分には何も利益がない状態になるため、
このような不審な動きは直ぐに同業者に連絡が行って他のところでも買い取りを拒否される事態が起きてくるでしょう。

 

自分でやるとこのようなリスクを負ってしまうため、結局は現金化してくれる業者に依頼してたくさんの手数料を取られて残るのは購入代金という借金だけです。

 

クレジットカードを使ったこのような購入した商品を転売して現金にするという方法は違法ではなく、業者が途中で取る手数料も本人が事前に了承しているので、どれだけ高額であっても道義的な問題はあっても法律には抵触していません。

 

しかしこの方法を使ったことでカード会社に支払う代金が高くなりすぎて支払いができなくなるという事例はいくつも出ているので、安易にこの方法を利用して現金を手に入れるというのはおすすめとは言えません。

最新更新日2017/8/10