キャッシュバック方式の原理と流れを説明

キャッシュバック方式の原理と流れを説明

 

お金に困った時に頼りになるクレジットカード現金化は、いかにカード会社に知られずに行うのかがポイントです。
その中で王道と言われているキャッシュバック方式は、通常の買い物に対してキャッシュバックのサービスがついてくる形で現金を手にする事が出来る方法なのです。

 

表向きはネット通販を利用しての買い物なので、短期間で同じ商品を繰り返し購入しない限りカード会社にバレる心配はほとんどありません。

 

金融機関の新規の口座開設や、携帯の乗り換え新規契約でもキャッシュバックがあるように、あくまで顧客サービスの一環となっているのです。

 

クレジットカード現金化には独自のノウハウが必要な為、現金化をしてくれる業者を見つけるところからスタートします。
まずは表でキャッシュバック方式現金化の流れから確認していきましょう。

 

キャッシュバック方式の流れ

優良業者の選別 比較サイトなどで業者を選別して利用する優良の業者を探しましょう。
申し込み サイトの申し込みフォームから情報を記入し申し込みを行います。
個人情報登録・本人確認 現金化業者にクレジットカードの持ち主である事を証明し、次回利用の際に手続きを短縮できるように個人情報の登録を行います。
商品の購入

業者の指定する商品を購入します。
これによりキャッシュバックとして現金がしての口座に入金されます。

商品の受け取り 購入した商品を受け取れば手続きは完了になります。

 

以上がキャッシュバック方式の全体的な流れになります。
業者が運営しているWEBサイトから主にオンラインで手続きを行い、全ての購入手続きが完了した時点でキャッシュバックが行われる流れです。

 

初回の利用でも最短30分で完了する内容だから、支払日がすでに目の前に迫っている方でも現金の調達が間に合う可能性があります。
業者の営業時間によっては翌営業日の対応になるので、早めに業者選びを始めましょう。

 

業者のWEBサイトからキャッシュバック方式のクレジットカード現金化を申し込み、本人確認ができる身分証明書の画像を送信することで具体的な手順の説明に入ります。

 

キャッシュバックの割合などの基本的な情報はWEBサイトに掲載されているから、事前に読んでおきましょう。
現金化そのものはグレーゾーンの取引であるため、どこのネット通販のサイトでどの商品を購入するのかは本人確認まで完了した時点で明かされるケースが多いです。

 

きちんと手順を踏んで指定された通りに購入すれば、クレジットカードによる決済を確認できた時点ですぐに口座に振り込まれます。
商品は自宅へ届けられるので、忘れずに受け取っておきましょう。

 

注文した商品を受け取った時点で、クレジットカード現金化でやるべきことが全て完結します。

 

入金を効率的に行う方法

入金を効率的に行う方法

 

キャッシュバック方式のメリットを最大限に活かすためには、24時間対応のネットバンクの利用が効果的です。

 

ネットバンクの口座にキャッシュバックのお金を振り込ませることで、休日などの銀行の対応が遅れがちな日でもすぐに残高に反映されます。

 

気がついたら休日になっていたが明日の朝までにどうしても現金が必要という状況でも、スピーディーなキャッシュバックなら安心です。
インターネット回線さえあれば場所を選ばないので、周辺に買取ショップがない地域でも自宅でこっそりと金策ができますね。

 

キャッシュバック方式が王道になった理由

キャッシュバック方式が王道になった理由

 

高速インターネットの利便性によって、従来の王道であったカードで購入した商品を別のお店で売るという買取方式よりも利用者の割合が増えてきました。
買取方式でネックになっている商品を直接持ち込む手間を省けるので、クレジットカード現金化についてカード会社が厳重に監視している品目でなくても良いのが大きなメリットです。

 

書類上はキャッシュバックの特典がついている商品でしかないので、商品の購入履歴をチェックされても不審な点は出てきません。

 

クレジットカードの利用規約ではショッピング枠の現金化は原則的に禁止されていますが、通常の買い物は正当な使い方です。
手軽にできるキャッシュバック方式では、業者選びがとても重要になります。

 

クレジットカード現金化は本来のカードの使い方とは若干異なっているので、カード会社に知られると面倒な事態になってしまう可能性があります。

 

クレジットカード現金化の注意点~業者選びが重要な理由~

クレジットカード現金化の注意点~業者選びが重要な理由~

 

流れとして先に決済まで済ませるため、もしも悪質業者であったら説明よりも少ない金額しか振り込まない等のトラブルになるので要注意です。
目先の還元率だけではなく評判が良い老舗を選ぶといった対策で、信頼のおける優良業者とだけ取引をしましょう。

 

後から証拠になるものとしてメールで取引内容を送ってもらえるのかどうかも、優良業者の見分け方の1つです。

 

クレジットカードの番号は、それだけで決済ができる重要な情報です。
キャッシュバック方式であっても最低限の個人情報の提供のみにとどめて、明らかに不自然な要求をされたら取引を中断するぐらいの慎重さが大切になります。

 

場合によっては情報の不正利用を目的としている場合もありますので注意が必要です。

 

常に自分の頭で考えて、慎重に手続きを進めていきましょう。
注意深く信用できる業者を選び、気をつけながら手続きをすることで効果を発揮するのがキャッシュバック方式です。

 

クレジットカード現金化とは最後の手段

クレジットカード現金化とは最後の手段

 

自分が持っているクレジットカードを有効活用できる現金化ですが、あくまで一時的な先延ばしに過ぎません。
いずれは契約に従ってカード会社に立替分を支払うことになるので、計画的な利用を心がけるのが賢明です。

 

少しの利用でカード会社に気づかれなくても、定期的に同じWEBサイトで似たような商品を購入していたら目をつけられる確率が高まっていきます。
本当に困った時に急場を凌ぐためだけに用いて、普段は奥の手として秘蔵しておくのがコツです。

 

しかし、奥の手だからこそしっかりと資金を調達しなければいけませんよね。
その為にはしっかりとしたクレジットカード現金化業者を利用するしか方法しかありません。

 

業者選びにお悩みの方はこちらの現金化業者を参考にご覧ください。

 

最新更新日2017/8/10